BGP Best Path Selection Algorithm

NOTE

  1. Weight
    – weight
    – Cisco独自、ローカルで生成した経路はデフォルト32768、非ローカルは0
    – 大きい値を優先
  2. Local Preference
    – local-preference
    – bgp default local-preference
    – デフォルト100、デフォルトで100にすることも経路個別に付与することもできる
    – 大きい値を優先
  3. AS-Path
    – as-path
    – as-path長の短いほうが優先(prepend で付与して優先度を落とす)
    – bgp bestpath as-path ignore を使うことで無視させることができる
    – confederation の時のAS-Pathは対象外
  4. Origin
    – origin (BGP)
    – 小さいほうが優先(優先度はIGP > EGP > Incomplete)
    – IGPはnetwrokかaggregate
    – EGPは実質使われていないので無視
    – IncompleteはIGP再配送
  5. MED (Multi-Exit Discriminator)
    – metric
    – 小さいほうが優先
    – デフォルト0
    – 基本は同じASから複数経路がきている場合に比較
    – bgp always-compare-med と bgp deterministic-med は大事
    – [参考] BGP Multi-Exit Discriminator (MED)
  6. iBGP vs eBGP
    – eBGP経路が優先
  7. NextHop へのIGPメトリック
    – 小さいほうが優先
  8. 古い経路
  9. ルータID
    – 小さいほうが優先
    – デフォルトは無効
    bgp bestpath compare-routerid で有効化

 

 

コメント