Device Management Telnet Service Options

REFERENCE

Device Management Telnet Service Options

MEMO

送信元アドレスを特定のIFにする

(config)#ip telnet source-interface XXXXX

telnet 時のパケットのToSを3とする

(config)#ip telnet tos ?
  <0-FF>  TOS value

16進入力
0 000 00000 0x00
1 001 00000 0x20
2 010 00000 0x40
3 011 00000 0x60
4 100 00000 0x80
5 101 00000 0xA0
6 110 00000 0xC0
7 111 00000 0xE0

IPアドレスの代わりに telnet ホスト名でアクセスできるようにする

(config)#ip host HOST-NAME IP-ADDRESS

IPアドレスを画面に表示させないようにする(アドレスorホスト名を非表示にする)

(config)#ip telnet hidden { address | hostname }

telnet 時のメッセージそのものを表示させないようにする

(config)#ip telnet quiet

telnetで接続出来ない時にメッセージを表示させる
メッセージは#で囲む

(config)#busy-message ホスト名 メッセージ

CL側がtelnet接続を中断(Ctrl+Shit+6、x)した時に、
SV側で出力されたメッセージを抑制しないようにする(全て表示させる)

telnetを受けるサーバ側で設定する
(config)#service telnet-zeroidle

接続可能時間

(config-line)#session-timeout 分

未入力状態で接続可能な時間

(config-line)#exec-timeout 分 秒

入力状態で接続可能な時間

(config-line)#absolute-timeout 分

absolute-timeoutにより切断される前に警告を出す

(config-line)#logout-warning 秒

コメント