スポンサーリンク

DHCP Relay

スポンサーリンク

REFERENCE

Configuring the Cisco IOS DHCP Relay Agent

MEMO

FHRPを使っていると両方のルータが転送してしまうのを防ぐために

  • FHRPの設定でリダンダンシーネームをつける
(config-if)# standby X name

 

  • DHCPリレー(ip helper-address)にもリダンダンシーネームをつける
(config-if)# ip helper-address X.X.X.X redundancy

ActiveルータだけがDHCPリレーとして機能する

 


プライマリアドレスで通常のリレーをする時、サーバが応答を返さない場合に
IFのセカンダリをセットして転送する

(config)# ip dhcp smart-relay

 


DHCP Snooping と DHCP Relay
[CL]—–[SW1]—–[R1]—–[SV]

  • SW1で DHCP Snooping を有効化、R1向けIFはtrust
  • DHCP Snoopingを有効にするとデフォルトでdhcp relay info OP82が有効になる。
    OP82が有効になるとgiaddr(ゲートウェイアドレス)が0にセットされる。
  • R1には既にrelay infoが付いたパケットが届く。relay info がついたパケットなので、giaddrにはagentのアドレスが入っているはずなのに
    giaddrが0なので、inconsitentなパケットと認識して破棄する。

解決策1

  • SW1でデフォルトで有効になってしまうOP82を無効化する
    no ip dhcp snooping information option

解決策2

  • R1が受信したパケットをinconsistentとせずに信頼する
    ip dhcp relay information trusted
    giaddr にR1が受信したIFのIPアドレスをセットして、DHCPサーバに転送する。

コメント