DMVPN Phase 1, 2 & 3

REFERENCE

Shortcut Switching Enhancements for NHRP in DMVPN Networks

Configure Phase-3 Hierarchical DMVPN with Multi-Subnet Spokes

MEMO

Phaseによる違い

Phase 1

  • Hubの負荷が高い
  • Spokeがトンネルを張るのはHubとだけ。Spoke間はHub折り返し。
  • Spoke のtunnel 設定の中で tunnel destination にHubを指定する。
  • Spoke では tunnel mode gre multipoint は利用しない。
  • Hub はtunnel mode gre multipointにする。

Phase 2

  • Spokeが常時トンネルを張るのはHubとだけ。
  • 通信の必要が生じたら、Spokeと動的にトンネルを張って通信
  • Hub とSpoke は両方 tunnel mode gre multipointにする。
  • no ip next-hop-self eigrpでのhubにnexthop修正をさせないことでSpokeがSpoke宛を解決して直接通信しようとする

Phase 3

  • NHRPのショートカットスイッチングを利用(ip nhrp shortcut)
  • Spoke間が動的にトンネルを張るのはPhase 2と同じだが、異なるDMVPNドメインにいるspokeと直接通信できる。(★あやしい)

コメント