EIGRP Summarization with Default Routing

REFERENCE

EIGRP

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol

MEMO

・ip summary-address eigrp 100 0.0.0.0 0.0.0.0 で、デフォルトルートを配信するのと同じ効果がある。 但し、全ての経路を集約すると言う意味なので、他の経路も全てアドバタイズされなくる。 その上、ローカルルータ上にAD5 のnull 0 経路が生成されてしまうので、自分も他からデフォルトルートをもらっている場合はnull 0を優先してしまい、破棄してしまう。

・ip summary-address eigrp 100 0.0.0.0 0.0.0.0 250 のようにAD値を変更することで、ローカルルータのnull0 経路は優先度が下がり、他から受けているデフォルトルートを使えるようになる。デフォルトルート以外も流したい場合はリークマップを併用する。

・null0 がAD値5で生成されてしまうので、AD値をいじらずに直接staticを書く方法もあり

R5(config-if)#ip summary-address eigrp 100 160.1.0.0 255.255.0.0 ?
  leak-map  Allow dynamic prefixes based on the leak-map
  <cr>

R5(config-if)#router eigrp 1
R5(config-router)#summary-metric ?
  A.B.C.D     Summary to configure static metric
  A.B.C.D/nn  Summary <network>/<length>, e.g., 192.168.0.0/16

R5(config-router)#summary-metric 160.1.0.0 255.255.0.0 ?
  <1-4294967295>  Bandwidth metric in Kbits per second
  distance        Set administrative distance for summary route

コメント