Internet Group Management Protocol (IGMP)

NOTE

Version

 

v2ではMembership Queryを2種類に分けている
・General Query グループアドレス0.0.0.0としたクエリー=全グループ=全員
・Group Specific Query グループアドレスに指定された特定のReceiver

PIMのDR
・DRプライオリティが大きいLH、同じ場合は最大IPのLH

v3はソースを指定できるため、Membership Reportの宛先をグループアドレスにするのではなく、特定アドレス(224.0.0.22)にして、そのデータ内にグループアドレスとソースの情報を含む

 

IGMP Querier Election

PIMv1

  • PIM DRがIGMPクエリを送信。DR はDRプリオリティ>IPアドレスで決まる。

PIMv2

  • IGMPクエリアがクエリを送信。クエリア = サブネット上の最小IP

Membership QueryとJoinを送るルータが異なることもある

           Query→
       +---[LH1]---+
[R1]---|            |---[Receiver]
       +---[LH2]---+
         ←Join

 

IGMP Filtering

  • ip igmp access-group 標準ACL でLHがReceiver から受け入れるJoinメッセージをフィルタする。
  • ip igmp limitでLHがレシーバから受け取るグループアドレスの数を制限する。

 

  • IGMPプロファイルの利用
ip igmp profile PROFILE-NAME
 permit | deny
 range 229.0.0.1  ⇐単一の場合
 range 229.0.0.10 229.0.0.20 ⇐レンジ指定の場合
 range XXXXX
exit

(config-if)# ip igmp filter PROFILE-NAME

 

  • IGMPグループの最大数指定
  • 上限を超えた時のアクション deny = 破棄 or replace = 古いものを置き換える
(config-if)# ip igmp max-group <0-4294967294>
(config-if)# ip igmp max-group action [deny | replace]

 

IGMP Timers

ip igmp query-interval

  • LHがグループ内のレシーバの存在を定期的に確認する時間を変更する。デフォルトは60秒。

ip igmp querier-timeout

  • LHがレシーバがグループにいないと判断する時間を変更する。デフォルトはip igmp query-intervalの2回分(120秒)

ip igmp query-max-response-time

  • レシーバがLHからのクエリに応答する時間を変更する。デフォルトは10秒

ip igmp immediate-leave

  • LHがレシーバの脱退(leave)を検知したら、即座にLHのポートを削除するようにする

ip igmp last-member-query-count

ip igmp last-member-query-interval

 

IGMP Snooping

ip igmp snooping

  • レシーバのJoinメッセージを見て登録、レシーバのいるポートにのみに転送
  • デフォルト有効

 

Multicast VLAN Registration (MVR)

 

REFERENCE

Host Extensions for IP Multicasting

Internet Group Management Protocol, Version 2

Internet Group Management Protocol, Version 3

Configuring IGMP Snooping and MVR

Customizing IGMP

Configuring IGMP Proxy

 

コメント