IPv4 Multicast Routing Source Specific Multicast

REFERENCE

Configuring IP Multicast Routing

Configuring Source Specific Multicast

IP Multicast Commands
ip pim ssm

MEMO

SSM = Source Specific Multicast

  • これまでのはASM (Any Source Multicast)、Sourceは誰でも良い
  • SSMを使うとRがLHに送るJoinメッセージにSourceアドレスも含めることができる(SSMを使うと送信元を指定できる)
  • SSMはIGMPv3のみサポート
  • RPを使わずにLHから直接Sourceに送れる、RPを使わない=送信元ツリーだけでパスを作れる
  • include mode で指定したアドレスから受信する
  • exclude mode で指定したアドレスからは受信しない
  • exclude mode で空指定すると、全て受信する
  • SSMは予約されたアドレスがある(232.0.0.0/8)

(config)#ip pim ssm default
(config)#ip pim ssm range

  • default を使うと232.0.0.0/8で有効になる
  • range を使うとACLでpermit したアドレスで有効にできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です