IPv6 Tunneling

IPv6 Tunneling

NOTE

int tunnel 0
 ipv6 address <ADDRESS>
 tunnel source loopback 0
 tunnel destination
 tunnel mode ipv6ip

 

IPv6 Automatic 6to4 Tunneling

NOTE

  • 2002::/16 + IPv4の組み合わせ(2002:xxxx:xxxx::/48)
  • NWプレフィクス64bit のうち、残りの16bitはサイト内で使うサブネットマスクのようなもの
  • v6 static ルートを使い、トンネルのトリガーにする
    (v6)——-a-[Router]-b——-(v4)

a = 2002:C0A8:0001::1/64
b = 192.168.0.1/24

  • v6側の C0A8:0001 はv4アドレスを16進数にしたもの

192 = C0
168 = A8
0 = 00
1 = 01

interface tunnel 0
 ipv6 address 2002:C0A8:0001::1/64
 tunnel source fa0/0
 tunnel mode ipv6ip 6to4
ipv6 route  tunnel 0

 

IPv6 ISATAP Tunneling

NOTE

  • ホスト単位でv6がv4内に混在
[PC]------------[SW]------------[Router]
v6/v4 Dual       |               v6/v4 Dual
                 |
[PC]-------------+
v4
  • ルータのIFに次のようにアドレスを設定する
    v6 Prefix + 0000:5efe + IPv4 address /64
2001:0DB8:0ABC:0DEF:0000:5EFE:C0A8:0001
<-- v6 Prefix --> <-static-> <--v4-->
  • ISATAPではルータのRA送出が無効になっているのでno ipv6 nd suppress-ra で抑制を解除する。(v6クライアントがプレフィクスを受け取れない)。

 

コメント