Layer 2 EtherChannel

NOTE

on mode

  • on モードと言っても各ポートの属性が合わないと落ちる。
  • 対向のコンフィグ誤りを検知できないので間違えによりループを引き起こす可能性有り。
  • SPANの宛先に指定できない。
  • PVLANのポートの一部にしてはいけない。

 

Link Aggregation Control Protocol (LACP)

  • 要一致項目:Native VLAN、VLANレンジ、Trunkタイプ、Trunkステータス、Speed、Duplex
  • 最初に有効になった物理ポートのMACアドレスを論理ポートのMACアドレスとして扱う。その物理がバンドルから外れると、残りのポートのMACアドレスから選ばれる
  • LACP:グループ16本、最大8本をActive化、プライオリティ1-65535デフォルト32768、小さいほうが優先
  • stack構成の時にsystem-idコマンドでstack masterのMACアドレスを使うと、stack masterが変更になるたびにSystem IDも変更になるのでフラップが起こり、STPのコンバージェンスが発生する。
    ⇒ stack-mac persistent timer <分>を使うことで、stack master 変更時にSystem IDが変更になる時間を遅らせることができる(persistentというよりdelay)

 

Port Aggregation Protocol (PAgP)

  • 要一致項目:Native VLAN、VLANレンジ、Trunkタイプ、Trunkステータス、Speed、Duplex。
  • PAgP:最大8本、プライオリティは0-255でデフォルト128、大きいほうが優先。
  • 最初に有効になった物理ポートのMACアドレスを論理ポートのMACアドレスとして扱う。その物理がバンドルから外れると、残りのポートのMACアドレスから選ばれる。
  • PAgPのパケットはtrunkを通る時は若番のVLANを通る。
  • stack構成の時にそれぞれのSWのリンクで組むことはできない。
  • silentとnon-silentがあり、non-silent推奨。
  • PAgP にはLearn Method という分類がある。

 

silent

  • 対向機器からデータが届かなくてもバンドルする(EtherChannelを形成する)。
  • 片方向通信によるループはUDLDの利用により防止する。
  • 障害時にSTPに報告しない。

 

non-silent

  • 対向機器と相互に接続性の確立ができるまでバンドルしない(EtherChannelが形成されない)。
  • 片方向通信によるループから保護する。
  • 障害時にSTPに報告する。

こういう場合に、イーサチャネルを使っているのに物理1本切れただけでSTP再計算されたら困るので、この時はsilent。

 

 

Learn Method

  • PAgP にはLearn Method という分類がある。物理ラーナーと集約ラーナー。
  • どちらのポート(物理ポート/論理ポート)からMACアドレスを学習するかで決まる。
  • 両端で一致する必要があるが、最近のは全て集約ラーナーがデフォルトなので意識しなくても良い。
  • 1900シリーズくらいのレガシーの場合は物理ラーナーな可能性があるので、設定変更が必要になる場合もある。
  • pagp learn-method physical-port で変更
  • port-channel load-balance src-mac でロードバランス方式を変更

 

Load Balancing

  • デフォルトはsrc-mac (機種によってはsrc-dst-ip)
Switch(config)#port-channel load-balance ?
  dst-ip       Dst IP Addr
  dst-mac      Dst Mac Addr
  src-dst-ip   Src XOR Dst IP Addr
  src-dst-mac  Src XOR Dst Mac Addr
  src-ip       Src IP Addr
  src-mac      Src Mac Addr

Switch(config)#

 

REFERENCE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です