Misc Network Services TCP Optimization

REFERENCE

TCPの設定

MEMO

1. シリーウィンドウシンドロームを回避

(config)#service nagle

2. ハイパフォーマンスTCPオプションを有効

(config)#ip tcp selective-ack  ★TCP選択的確認応答  
(config)#ip tcp timestamp      ★TCPタイムスタンプ
(config)#ip tcp ecn            ★TCP明示的輻輳通知

3. TCPウィンドウサイズを標準16ビット最大値の2倍
16bit = 65535の2倍は131070

(config)#ip tcp window-size ?
<68-1073741823>  Window size

(config)#ip tcp window-size 131070

4. TCP SYNの待ち時間を最少

(config)#ip tcp synwait-time ?  ★TCP接続試行時間
<5-300>  Wait time

(config)#ip tcp synwait-time 5

5. TCPセッションをフラグメント無効にする機能を有効

(config)#ip tcp path-mtu-discovery    ★TCP PMTUD

6. TCP出力キューを16パケット

(config)#ip tcp queuemax ?
<5-100000>  Number of packets

(config)#ip tcp queuemax 16           ★TCP発信キューサイズ

silly window syndrome
受信側に十分な空きができないうちに小さなデータ量+ヘッダーでデータを送ることを続けてしまい、
ヘッダーの占める割合が多くなり、回線使用率が悪くなること

Selective ACK
これまでは一部が欠けても、欠けたデータ以降の正常受信分も再送していた。
これを正常受信分のACKを選択して返すことで再送を本当に必要な分だけにさせる。
1-10のうち、1,2を受信、3がロス、4-10を受信した場合、これまでは2までを受信と返していたが、
1,2,4-10を受信とすることで、3のみを再送させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です