MQC Bandwidth Reservations

NOTE

  • max-reserved-bandwidth
    IF速度の75%まで使える、残りはルーティングプロトコルなどに使う
    75%の値は変更可能
    75%超える設定はメッセージがでる

 

  • IFが10Mの場合、75%の7.5Mまで割り当てられるので、1,2,3Mはそれぞれ割り当てられ、残りはclass-default に割り当てられる
    Class 1 = 1M
    Class 2 = 2M
    Class 3 = 3M
  • class-default が利用されていない場合は、さらにクラス毎の比率で按分する

7.5-6 = 1.5M
Class 1 = 1.5*1/6 = 0.25
Class 2 = 1.5*2/6 = 0.5
Class 3 = 1.5*3/6 = 0.75

Class 1 = 1M + 0.25M = 1.25M
Class 2 = 2M + 0.5M = 2.5M
Class 3 = 3M + 0.75M = 3.75M

 

 

  • パーセントでも割り当てができる。IF速度の75%まで使えるのは同じ。
  • IFが10Mの場合、75%の7.5Mまで割り当てられる。残りの3Mはclass-defaultで使われる。

Class 1 = 10%
Class 2 = 20%
Class 3 = 30%

Class 1 = 7.5*10% = 0.75M
Class 2 = 7.5*20% = 1.5M
Class 3 = 7.5*30% = 2.25M

  • class-default が利用されていない場合は各クラスの比率で按分される。

コメント