MQC WRED

REFERENCE

Congestion Avoidance Overview

Configuring Weighted Random Early Detection

Class-Based Weighted Fair Queueing and Weighted Random Early Detection

NOTE

RSVPが有効な時は他のフローを優先して落としていく
キューがいっぱいになる前に少しずつ廃棄する
小さなパケットより大きなパケットが廃棄されやすい

平均キューサイズ
= (old_average * (1-1/2^n)) + (current_queue_size * 1/2^n)

平均キューサイズがMin以下⇒破棄無し
平均キューサイズがMin以上、Max以下⇒Random Drop
平均キューサイズがMax以上⇒全て破棄


input でクラスにprecedense を立てて、output でrandom-detect を入れる


最初にrandom-detect だけの設定が必要

R1(config)#ip access-list extended HTTP
R1(config-ext-nacl)#permit tcp 155.1.146.0 0.0.0.255 eq www any
R1(config-ext-nacl)#exit
R1(config)#
R1(config)#class-map C-HTTP
R1(config-cmap)#match access-group name HTTP
R1(config-cmap)#exit
R1(config)#
R1(config)#policy-map P-HTTP
R1(config-pmap)#class C-HTTP
R1(config-pmap-c)#bandwidth remaining percent 25
R1(config-pmap-c)#random-detect precedence 5 10 20 5
random-detect on the class is required to issue this command
R1(config-pmap-c)#random-detect
R1(config-pmap-c)#random-detect precedence 5 10 20 5
R1(config-pmap-c)#

ランダムディテクションの設定
IPプレシデンス毎に指定する。廃棄を行う閾値(最小、最大、廃棄率)を設定する。

policy-map PMAP-HTTP
 class CMAP-HTTP
  bandwidth 64000
  random-detect
  random-detect precedence <PRE> <MIN> <MAX> <MARK>

コメント