OSPF LSA & SPF Pacing

NOTE

timers pacing flood

  • LSAの連続したアップデートはXXミリ秒の間を空ける

timers pacing retransmission

  • LSAの再送はYYミリ秒空ける。LSA再送時の間隔、何秒後に再送するかではなく、再送LSAとLSAの間にどれくらい空き時間を作るか。

timers pacing lsa-group

  • LSAは各自がageを持ち、自分のageでリフレッシュする。
  • LSAが多いと各LSAがリフレッシュのたびにメモリCPUを消費するので負荷になる。
  • ルータ側でリフレッシュにディレイを設け、LSAをある程度蓄積させて一度にまとめてリフレッシュする。
  • LSAを溜めすぎても逆効果なので、全体のLSAが多い場合は短めのリフレッシュ間隔、少ない場合は長めのリフレッシュ間隔が良い。

 

コメント