QoS Congestion Management

REFERENCE

Configuring Weighted Fair Queueing

Class-Based Weighted Fair Queueing and Weighted Random Early Detection

Comparing the bandwidth and priority Commands of a QoS Service Policy

Low Latency Queueing with Priority Percentage Support

 

NOTE

FIFO (First In First Out)

  • 到着順、実質QoSではない

PQ (Priority Queuing)

  • 4つのキューに分類される(High、Medium、Normal、Low)
  • 優先度の高いキューが空にならないと転送されない
  • Lowはひたすら待たされる

CQ (Custom Queuing)

  • 管理者がキューを設定
  • ラウンドロビンで公平に
  • 1回の最大送信サイズに差をつける

FQ (Fair Queuing)

  • フローごとに自動でキューが作成される
  • 基本的にはパケット長の短いものから送出される
  • おおよそ均等なレートで送出(ラウンドロビンで回している訳ではない)
  • 自動なので管理者による定義ができない

WFQ (Weighted Fair Queuing)

  • 基本的な考えはFQと同じ
  • 送出の順番を決めるシーケンス番号を割り当てる時の計算に重み付けをしている
  • 優先度の高いものはシーケンス番号が小さくなるような式になっている
  • フロー単位(Src/Des,IP/Port)で生成されるが、queuingが不要な状態になると削除されるため、同じフローが発生しても、使われるqueueは別モノになっている
  • [参考] Weighted Fair Queuing (WFQ)

CBFWQ (Class Based Weighted Fair Queuing)

  • FQ/WFQは自動でキューが作成されるが、これは管理者が定義できる
  • クラス毎に割り当てる帯域幅を指定できる
  • 指定帯域幅は輻輳時の最低保証帯域のことなので、空きがあれば指定帯域幅以上も出せる

LLQ (Low Latency Queuing)

  • PQのHighとCBWFQを組み合わせた仕組み
  • 輻輳時、PQ部分は最大帯域幅となり、それ以上は出せない
  • 輻輳時、CBWFQ部分は最低保証帯域幅となり、空きがあればそれ以上出せる
  • class-map内でPQはpriority、CBWFQはbandwidth コマンドで指定
  • PQの中ではFIFOで動作する為、異なる性質のトラフィックをPQ内に共用させるとゆらぎの原因になる
  • PQは複数持つこともできるが、全てのPQ内ではFIFOで動作する
    (特定のPQだけを優先させることはできない)

コメント