QoS MEMO

NOTE

輻輳を起こさない(輻輳回避)
WRED・・・IP Precedence で指定、パケット数がMin を超えたら、Mark個のうち、1個をを廃棄し、Maxを超えたら全て廃棄する

インタフェースに適用

random-detect
random-detect <IP Prec> <Min> <Max> <Mark>

クラスベースでの適用もできる

class-map <C-MAP名>
 match access-group <ACL名>
policy-map <P-MAP名>
 class <C-MAP名>
 random-detect
 random-detect <IP Prec> <Min> <Max> <Mark>

※random-detectを使う時はqueue-limit は使えない(排他関係)


輻輳が起きたら対処する(輻輳管理)
LLQ、CBWFQ 他にもあるが主流はこれ

  • CBWFQ ⇒ クラスを任意に作成して、bandwidthで帯域指定
  • ポリシーマップ内でpriorityを使うと、LLQとして、そのクラスは最優先として扱われる
  • どのクラスにも該当しない場合はclass-default と呼ぶデフォルトで用意されたクラスになる
  • class-default内は通常はFIFOとなる
  • fair-queueコマンドを使うと、class-default内でFQになる
  • クラスを作成する時にqueue-limit でクラスのキューサイズを指定できる
  • クラスのキュー自体はFIFOとなり、サイズ以上の流入があるとTail Dropになる
    ※queue-limit を使うと、random-detectは使えない

  • CiscoでVoIPと言われたら、port 16384~32767

■ポリシング(入出力)
クラスベース police
IFに直接適用 rate-limit

police
confirm-action <CIR未満の動作> exceed-action <CIR以上の動作> violation-action <Be以上の動作>

rate-limit
confirm-action <CIR未満の動作> exceed-action <CIR以上の動作>

※rate-limitはIF直接なのでinput | output 指定有り

CIRはbit、Bc/Beはbyte指定

■シェーピング(出力のみ)
クラスベース shape
IFに直接適用 traffic-shape

shape average 平均レートのシェーピング
shape peak ピークレートのシェーピング
※BcとBeは省略(IOS自動算出)することをCiscoは推奨

traffic-shape rate
※シェーピングはoutputでしかできないのでinput | output指定無し

CIR/Bc/Beはbit指定

コメント