Rapid Spanning-Tree Protocol (RSTP)

NOTE

Edge Ports

  • RSTPおよびMSTで標準化された機能でPortFastと基本同じ
  • Edge Portは立ち上がり直後に転送される
  • トポロジ変更イベントを生成しない
  • CAMテーブルからMACアドレスをフラッシュしない
  • プロポーザル/アグリーメント手順の同期ステップの影響を受けない
  • ポートタイプの指定はポートの接続先デバイスによって異なる(デフォルトはnormal)。
    edge – レイヤ 2 ホストに接続し、アクセスポートまたはトランクポートに設定できる。
    network – ネットワークポートはレイヤ 2 スイッチまたはブリッジだけに接続する。
    normal – normalポートはエッジでもネットワークでもない、通常のスパニングツリーポート。これらのポートはどのデバイスにも接続できる。

 

REFERENCE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です