Selective Packet Discard

REFERENCE

Understanding Selective Packet Discard (SPD)

選択パケット廃棄(SPD)の理解

NOTE

  • Selective Packet Discard (SPD)が行う2つのチェック

1) SPD状態チェック
Route Processorのキューは2つ

  • プライオリティキュー ⇒ SPDチェック無し=廃棄はされない
  • 一般パケットキュー SPDチェック有り

一般パケットキュー

  • ノーマル(キューサイズがMin 以下) ⇒ 形式が正しいパケット、正しくないパケットどちらも廃棄無し
  • ランダムドロップ(キューサイズがMin以上、Max以下) ⇒ 形式が正しいパケットはランダム廃棄、不正な形式のパケットは全て廃棄
  • フルドロップ(キューサイズがMax以上) ⇒ 形式に関係無く全て廃棄

|—–(Normal)——Min—–(Random Drop)—–Max—–(Full Drop)—–|

 

2) 入力キューチェック
SPDヘッドルーム

  • ルーティングプロトコルなどの重要パケットは一般キューに入る。それを超えるとプロセスキューに入る。
  • 通常の制限を超えてプロセスキューに入るパケットの数をSPDヘッドルームという。
  • SPDヘッドルームのデフォルトは100(最近のOSは1000)

0|—–(input queue)—–75—–(SPD headroom)—–175—–(Ex)—–|185

000~075 データ、ルーティングプロトコル
075~175 ルーティングプロトコル
175~185 ルーティングプロトコル

コメント