Spanning-Tree Protocol BackboneFast

REFERENCE

Configuring Optional Spanning-Tree Features

MEMO

  • ルートブリッジ、非ルートブリッジ全てのSWで設定が必要
Switch(config)#spanning-tree backbonefast ? 
  <cr>

Switch(config)#

 

  1. SW1とSW2間の間接リンクに障害が発生
  2. 検知したSW2は自分をルートとしたBPDUをSW3に送る
  3. SW3は本来のSW1のBPDUよりも下位のBPDUをSW2から受信することで異常の発生を理解
  4. SW3はSW1にRoot Link Queryを送り、RB(ルートブリッジ)の正常性を確認する
  5. SW1(RB)はRLQ ACKを返す
  6. SW3はSW2経由のSW1のBPDU MAX Age待たずに切り替えを実行する(Listeningになる)
  7. SW3のfa0/1はNDPからDPになる

コメント