ACI のイメージを掴む

NOTE

ACI が必要とされる背景

  • Server 仮想化の台頭
  • DC NWに求められるニーズとスピードの変化
  • VLAN やSTP ベースのNWでは対応できない(技術制約、管理負荷、コストメリット)

 

ACI のイメージ

  • コア/アクセスの2階層のファブリック
    – コア ⇒ Spine、アクセス ⇒ Leaf と呼ぶ
    – 管理用の機器(APIC)がある
    – 基本的な構成は2階層だが、Sub LeafとよびSpine – Leaf – Sub Leafの3階層も最近はでてきた
  • 基本、設定はGUI ベース
    – 設定は1台ずつ行わずにAPIC 上で集中管理できる
  • Spine、Leaf を動かすための設定コマンドを入力するのではなく、どう動かしたいかのポリシを作り適用する
  • ユーザ側に対してはファブリックをL2/L3どちらでも提供できる
    – L2の場合は1つの大きなスイッチ、L3の場合は1つの大きなルータに見える

 

 

REFERENCE

 

 

コメント