スポンサーリンク

ACI 管理単位

1つのACI が各ユーザをどう管理するのか?

  • Tenant
    – ACI ファブリックはIP-VPN/広域LANのように複数ユーザで共有することができる
    – そのユーザ単位をTenant と呼ぶ
    – 企業ならTenant は各部署、プロバイダならTenant は顧客と考えれば良い
    – 1つのTenant には1つ以上のルータ機能を設定できる
  • Context
    – Tenant に設定できるルータ機能
    – Context = VRF
    – 1つのContext には1つ以上のBridge Domain を設定できる
  • Bridge Domain (BD)
    – Context に紐づけることができる
    – 名称的にはL2 セグメントのように思えるが、必ずしもBD = ブロードキャストドメインではない(ブロードキャストドメインでBD 作ることはOK)
    – 分かりやすくするためにひとまずBD = L2セグメントと考えておく
  • End Point (EP) / End Point Group (EPG)
    – ACI ファブリック外のServer などのユーザ機器をEnd Point (EP)と呼ぶ
    – さらにEP を複数まとめてグループ化したものをEnd Point Group (EPG)と呼ぶ
    – ACI ではEPG 単位に設定(ポリシ)を適用するので、EPG は同じポリシで管理される機器群のこと

他にも単位はあるが上記が基本のようなのでまずはこれらを覚える

コメント