Cisco VIRL インストール手順

スポンサーリンク

以前まで使っていた Cisco VIRL が期限切れになり、新たに買いなおしたものの放置ぎみだったので再度インストールしてみたのでその手順メモです。
環境
Windows7 64bit SP1
Core i7
メモリ 16G

スポンサーリンク

事前準備

VIRLおよびライセンス入手(拡張子.pemのファイル)

VMware インストール & VIRL インポート

今回は訳あってVMware Workstation Player 14を利用
仮想マシン設定の編集を以下として実行
メモリ:8Gから推奨最大
プロセッサ:仮想化エンジンIntel VT-x/EPT または AMD-V/RVI を仮想化
にチェック
ネットワークアダプタ:数字無しをNAT

 

今回は外部からVIRL上のノードへアクセスはしない前提なので上記だけで大丈夫かと思います。外部からのアクセスがある場合は以下あたりを参考にネットワークアダプタ2 ~ 5を設定してください。

Cisco Modeling Labs - Personal
Get valuable IT training resources for all Cisco certifications. Access IT certification study tools, CCNA practice tests, IT salaries, and find IT jobs.

ccieojisan さん

VIRL 1.1.1 April’16 Release インストール手順(VMware Player編)
こんにちは。ccieojisan です。VIRL 1.1.1 April'16 release がリリースされました。1.0.11 や 1.0.26 へアップグレードしていれば、UWM でお手軽アップグレードできたんですが、、1.0.0 か

VIRL 初期設定

この画面が以前の1.2の頃にはなかった。そのままEnterでOK。

ここも特に変える必要はないのでEnterで次へ。

eth0でOK。違っていれば、矢印キーとスペースキーで変更する。

Serverに設定するアドレスを指定。特にこだわりがなければDHCPで良し。

変更無しでも大丈夫だが、パスワードなのでpasswordVIRL は覚えておく。

クラスタとか不要なのでそのままEnterで進む。

これでいいよねと確認がでるので修正があれば戻り、なければEnterで進む。

設定完了まで待つ。ちなみに40%くらいのところがフリーズしたかと言わんばかりに長い。

こんな感じになれば完了。この時の1行目のアドレスはDHCPで割り当てられたServerのアドレスなので覚えておく(GUIでアクセスする)。

疎通確認&時刻同期

さきほどの画面で virl  と VIRL でログイン
一応、eth0のIPアドレスを確認。

ifconfig eth0

インターネットへの接続性を確認

ping -c 4 www.cisco.com

NTPの確認(sys_peer と reach 377)

sudo ntpq
association
peer

 

ライセンス登録

eth0のアドレスにブラウザからアクセスする(httpsではない)。
ユーザ名:uwmadmin
パスワード:password

左から VIRL Server > Salt Configuration and Status をクリックする。Connect 以外はグリーンになっているはず。
Reset keys and ID をクリックする。

次の画面がでるので以下のように修正する。

Salt ID and domain
⇒ pemファイルの拡張子を除いたファイル名(ドット含まず)
Customer e-mail Address
⇒ VIRL購入時に使ったアドレス
List of Cisco salt masters
⇒ デフォルトのままでもOK、ここではAPにしている
Master sign public key
⇒ デフォルトの eft.pub(Regular use)
プルダウンを見ると分かるが、シスコの指示がある時と記載があるので、他2つは使わない
Minion private RSA key in PEM format
⇒ デフォルトの記載を一度削除して、自身のライセンス(.pem)の中身をコピペする。BEGINやENDの行も全て含める。
終わったら、Reset

正常に登録されると次のようなになる。
Connect が緑になり、Last attempt result も Call was successful となればOKです。一応、スクロールして隠れているStatus に黄色や赤色が無いか確認しましょう。

VM Maestro インストール

VIRLを使う際のクライアントソフトをインストール
(ここでは VMMaestro-dev-1.5.0-511-setup_64.exe)
左から VIRL Server > Software をクリックする。Versionも一致していて特にアップデートは不要のようなので、そのまま左のDownload をクリックする。

該当のリンクからダウンロードしてインストールする。

起動するといきなりこれなのでAgree

OKで進む

ここでは localhost を IPアドレスに修正する。

ヒントを設定するかどうかはお任せ。

ここまでくればOK。一応、右下のguest をクリックして確認しましょう。

4つが全てCompatible のことを確認。

適当にSample Topology を開き、左上の緑ボタン(Launch Simulation)をクリックします。

起動できれば以下のようにアイコンが緑に変わります。

コンソールアクセスができることを確認して終了です。

20台起動できない時

VIRL Personal Edition は最大20台のノードを使えるが、20台設置しても

となることがある。その場合は
VIRL Server > System Configuration > Hardware をクリックする。CPU Overcommit Multiplier をデフォルトの3から増やして試してみてください。

コメント