L3OUT External EPG Subnet

NOTE

  • サーバ等のEPと同様に、外部ネットワークの宛先アドレスをEPと考える。
  • Application EPGと同じように外部ネットワークの宛先をEPGとして扱う。これをExternal EPGと呼ぶ。
  • これにより、Application EPGが外部ネットワーク(External EPG)と通信する時にContractを設定できる。
  • External EPGのアドレスはセキュリティポリシー定義のためのアドレスなので、ルーティングテーブルのアドレスと一致する必要はない。

 

 

  • 1つのL3OUTに複数のEX-EPGを設定できる。
  • 複数のEX-EPGでサブネットが包含している場合、External EPGはロンゲストマッチで比較してどのExternal EPGになるか決まる。
  • 図の例では、外部EP(172.16.2.2)は3つのサブネットに一致るがロンゲストマッチで比較してEX-EPG1に定義される。そして、Contract-1に従って通信する。

 

 

REFERENCE

コメント