Tenant

NOTE

  • テナントはネットワーク管理の単位
  • プロバイダなどでは顧客を分けたり、企業であれば部署ごとに分ける等の用途で利用できる
  • 以下3つのテナントはシステムによってデフォルトで設定される
    common以外は意識しなくても大丈夫
    common
    – すべてのユーザ(Tenant)に共通のサービスを提供したい場合に利用できる
    – インターネット接続や共有サーバーなど
    infra
    – VXLANなどのアンダーレイの設定を定義
    mgmt
    – スイッチとコントローラ間の管理NWを定義
    – インバウンドとアウトバウンドの両方のモードをサポート
  • デフォルトではTenantが異なると相互通信はできない
    ⇒ 配下のVRFが異なるので、Route Leakが必要になる

コメント