MPLS-VPN PE-CE Routing with OSPF

NOTE

  • MPLS-VPN 網部分を擬似的にOSPF のエリア0 として機能させることができ、この機能をSuper Backbone と呼ぶ
    正確にはエリア0になる訳ではないが、子エリアを接続して相互通信ができるので疑似的なエリア0
  • 各サイトはエリア0に接続された子エリアにみなすことができる
  • 本来、MPLS-VPN 網内で一度MP-BGP に再配送されて渡されるので経路は全てE1/E2 になるはずがSuper Backbone ではエリア0 として機能するので、他サイトからもらう経路はIA 扱いになる
  • PE上で OSPF – BGP IPv4 – BGP VPNv4 と再配送されるイメージになる
  • MPLS-VPN 網内のIGP に既にOSPFを使っている場合はPID の重複に気をつける
  • [参考] MPLS OSPF Sham-Link
  • [参考] MPLS OSPF Downward
  • [参考] VPN OSPF ROUTE TYPE / ROUTER ID / DOMAIN ID
router ospf 65056 vrf VPN-A
 router-id 172.16.35.3
 redistribute bgp 65000 subnets
 network 172.16.35.3 0.0.0.0 area 0
!
router bgp 65000
 address-family ipv4 vrf VPN-A
  redistribute ospf 65056
 exit-address-family

 

REFERENCE

 

コメント