MQC WRED with ECN

REFERENCE

WRED-Explicit Congestion Notification

NOTE

[Host-A]–>–>–>–>–[R]x————-[Host-B]

  • ECNが無い場合、輻輳が起きてもRで廃棄するだけで前後のホストには通知しない。(ホスト間のTCP Ackなどで判断)

[Host-A]–>–>–>–>–[R]–>–>–>–>–[Host-B]

  • Rは廃棄せずにホストに輻輳を通知する=ホスト側でレートを落とさせる。
  • 通知用のパケットは使わずにデータパケットのToSビットを使う(8ビット中、下位2ビット)。
  • そのため、ホスト側もECN に対応が必要
  • HOST-B(TCP Receiver)がHOST-A(TCP Sender)に返すパケット内で通知
  • 下位2ビットが意味を持つ

xxxxxx00 ホストはECN未対応と判断
xxxxxx01 ECT(1)と呼ばれ、ホストはECN対応と判断
xxxxxx10 ECT(0)と呼ばれ、ホストはECN対応と判断
xxxxxx11 ルータがこの値に書き換えてホストに通知

 

R1(config-pmap-c)#random-detect
R1(config-pmap-c)#random-detect ecn

コメント