Routing Information Protocol (RIP)

NOTE

auto-summary (RIP)

  • 自動集約

default-information originate (RIP)

distance (IP)

  • 受信経路のAD値を修正する
  • 経路の送信元 (IP Address)と対象となる経路 (ACL)で指定できる

distribute-list in (IP)

distribute-list out (IP)

  • 受信経路 (in)、送信経路 (out) をフィルタする
  • 経路指定にはACL、Prefix List が使える
  • ACLではgatewayが表示されない

ip rip authentication key-chain

ip rip authentication mode

  • 認証は平文(TEXT)とMD5

ip rip receive version

ip rip send version

  • インタフェース単位で送受信のバージョンを指定する

ip rip triggered

  • シリアルIFのみ有効
  • 細い回線や従量課金の回線などで有用
  • 定期的な広報はせずに次のようなケースが発生した時に送信する
    – 他からルーティング情報更新の要求を受けてデータベース全体を送信する時
    – ルーティング情報に更新が発生した時
    – プロセス起動後にデータベースを送信する必要がある時

ip rip v2-broadcast

  • マルチキャストではなくブロードキャストで広報するようになる。neighbor とは違い、マルチキャストは止まる。
  • [NOTE] RIP ip rip v2-broadcast

ip split-horizon (RIP)

  • スプリットホライズンを有効にする。デフォルト有効。

ip summary-address rip

  • 手動集約はナチュラルマスクより短い集約(スーパーネット)はできない
  • 集約すると元ルートは広報されない
  • メトリックは最小のものを使う
  • 集約元ルートがなくなると集約ルートも消える

ループ防止

  • Split Horizon、Route Poisoning、Poinson Reverse、Holddown Timer
  • [NOTE] RIP Loop Prevention

neighbor (RIP)

  • neighbor で指定するとユニキャストで通信ができるようになる。但し、マルチキャスト宛パケットが止まる訳ではないので、特定ネイバとだけ通信するためにはpassive-interface の併用が必要。
  • [NOTE] RIP neighbor and passive-interface

network (RIP)

  • RIP を有効にするネットワークを指定する。

offset-list (RIP)

  • メトリックを手動で増分させる。

passive-interface

  • ルーティング情報の広報を止める(受信はする)。

router rip

  • RIP ルーティングプロセスを有効にする。

timers basic (RIP)

validate-update-source

  • 自IFと同じサブネット内のアドレスが送信元になっているかチェック、違うとルーティングアップデートを無視する。
  • no validate-update-sourceでルーティングアップデートを無視せずに受け入れる。これはルーティングアップデートを受け入れるだけであって、疎通が取れる訳ではない。

version

  • RIP バージョンを指定する。受信はデフォルトでVer1,Ver2 どちらも有効。送信はデフォルトではVer1 のみ有効。

 

コメント